任意整理の分割払いは何回までOK?

借入の返済のために、新たな借入を行った結果、「多重債務」という大変厳しい現実に直面することも少なくありません。
その結果、「自己破産」や「民事再生」などを行うことになりますが、そのような選択をしないで、悲惨な結末を迎える人も少なくありません。
「改正貸金業法」で、年収の3分の1を超えての借入ができないという「総量規制」が注目されるようになったのも、このような深刻な事態を水際で防ぐためです。
ところで、返済方法のひとつに、利息の引き直し計算によって月々の返済額を減額できる方法があり、当事者同士で和解できるメリットなども注目されています。
いわゆる「任意整理」は分割払いになりますが、36回(3年)での完済が一般的です。
ただし、60回(5年)まで延ばすことは可能ですが、返済が長期になると、その間に収入が途絶えるなど、想定外のできごともあるかもしれません。
そうなると、せっかく弁護士や司法書士が間に入って成立した「和解交渉」も水の泡になってしまいます。
もちろん、36回払いの場合でも想定外のできごとは起こりますので、そのようなときは、お世話になった弁護士や司法書士に相談することをお勧めします。